ボディビルダーのムダ毛処理は脱毛?抑毛?除毛?正解は?

筋肉をきれに見せるボディビルダーがムダ毛処理するには、剃ったりするんじゃなくこうするのが正解!

タグ:脱毛ラボ

パイナップル豆乳ローションと言っても、実は販売している会社がいくつかあるんですが、どこを選んだらよいのかというと、鈴木ハーブ研究所で決まりです。
他の会社だと、パイナップル由来のタンパク質分解酵素(パパイン)と豆乳イソフラボンしか含まれていないものの、鈴木ハーブ研究所ではアイリス由来のイソフラボンも加えられています。

単純に、成分の数が増えると抑毛効果はアップすると考えて良いですし、何よりも、鈴木ハーブ研究所では浸透力を強化する工夫もしています。
せっかくの抑毛成分も、肌にしみ込まなければ意味がありません。毛根までしっかり成分が浸透して初めて、毛根の働きを弱めてくれますよ。



抑毛ローションには残念ながら即効性はありません。塗ったらすぐに体毛が抜けたり薄くなるわけじゃなくて、効果が出るまでに最短でも1ヶ月くらいはかかります。
それなら、脱毛サロンにいったほうがてっとり早いんじゃ?と思うかもしれませんが、脱毛サロンも結局、何度も通うことになるんです。

脇とかひげとか、面積の狭い部分であっても1回で脱毛が終わることはありません。毛が生える周期に合わせて5~6回は通わないと、脱毛効果はしっかりと得られないんです。
しかも脱毛サロンはどこも予約が取りにくいところばかり。3か月以上は待たされるのが当たり前なので、結局、脱毛が完了するのに1年以上はかかってしまうんです。


お金もかなりかかってしまうものの、抑毛ローションなら、ムダ毛が薄くなってきたら、使用量も使用頻度も減らすことができます。
最初は1ヶ月に1本ペースくらいで使うことになるものの、最終的には週に2~3回使えば済むので、ランニングコストもうんと抑えることができるんです。


↑このページのトップヘ