パイナップル豆乳ローションと言っても、実は販売している会社がいくつかあるんですが、どこを選んだらよいのかというと、鈴木ハーブ研究所で決まりです。
他の会社だと、パイナップル由来のタンパク質分解酵素(パパイン)と豆乳イソフラボンしか含まれていないものの、鈴木ハーブ研究所ではアイリス由来のイソフラボンも加えられています。

単純に、成分の数が増えると抑毛効果はアップすると考えて良いですし、何よりも、鈴木ハーブ研究所では浸透力を強化する工夫もしています。
せっかくの抑毛成分も、肌にしみ込まなければ意味がありません。毛根までしっかり成分が浸透して初めて、毛根の働きを弱めてくれますよ。